バイオエネルギー理論

※こちらのウェブサイトではバイオエネルギー理論の一部をご紹介しています。

バイオエネルギー理論はすべての人類に当てはまります

基本因子の種類

バイオエネルギーには6種類の基本因子が存在し、1〜6の数字で表されます。
その6つのエネルギーにはそれぞれ「特性」があります。
その6つのエネルギーは、
[1] 念力(集中エネルギー) [6] 動力(発散エネルギー)
[2] 情力(交換エネルギー) [5] 理力(循環エネルギー)
[3] 感力(制御エネルギー) [4] 持力(蓄積エネルギー)

基本因子の種類

人間を1つのエネルギー体としてとらえると、1人ひとりのエネルギーが発生するのは、自らの意思で呼吸した瞬間(生まれた日)となる。 そこで、人間が、唯一宇宙の粒子に影響を受ける日が生まれた日であり、そのときに人間のエネルギーが決定すると考えた。 その後、生まれた日のエネルギーを算出する独自のアルゴリズムを発見し、36種類の組み合わせからなるバイオナンバーを導き出した。 そして、誰がどのエネルギーを持っているかといった、1人ひとりの人間と6つのエネルギーとの関係を解き明かした。 3つのバイオエネルギーの36通りの組み合わせがバイオナンバーである。

続きを読む

もっと詳しく知りたい方は

セミナーを受ける心理分析テストを受ける
ページの先頭に戻る